2005年09月02日

使い捨てコンタクトレンズが便利だー

使い捨てコンタクトレンズというのは、文字通り使ったレンズを捨てるタイプのことです。再三になりますが使い 捨てコンタクトレンズというのはソフトタイプのレンズを使い捨てることです。<1DAYタイプ>一日で捨てるタイプ。毎日が新しいレンズになります。毎回 新しいレンズになるので手入れは要りません。システム上、レンズの汚れによる目のトラブルも減少します。欠点は一番コストがかかることだったのですが近頃 の価格破壊によってその問題も解消してきました。<1週間タイプ>1週間で交換するタイプ。ただし、寝る時もつけっぱなしです。外したら(外れたら)新し いレンズに交換しないといけません。目に装着したまま眠るため、目に対する負担が大きく、希望しても使用許可が下りないこともあります。<2週間タイプ> 2週間で交換するタイプ。厳密にいうと、使い捨てコンタクトレンズとして認可されておらず、定期交換型のレンズの一種である。ポイントは毎日外して手入れ します。そして最長2週間で新しい物に交換します。破損や汚れのリスクが付き物のソフトレンズの欠点が大方クリアされたところが長所です。もう少し詳しく 言うと、ソフトレンズの長期使用によって起こるレンズの汚れからくる目のトラブルをシステム上防げること、破れたり、なくした時のリスクを軽減できること などです。簡単にまとめましたが、ホンの数年前までは、使い捨てコンタクトレンズ=コストがかかる、だったんですがこのところの物価の下落がこの業界にも おこり、今ではだいぶ安くなりました。ソフトコンタクトレンズは入れた感じが楽で、ゴミも入りづらいので、特にスポーツの時はとても便利ですが、少々汚れ ていても気づかずに使えてしまうことが欠点です。ハードレンズも知らないうちに小さな傷がついたり、汚れやすくなっていたり、時にはサイズが合わなくなっ てきていたりするので、本来コンタクトレンズというものは、すべて使い捨て感覚になってほしいと思っています。つまり、ソフトレンズの寿命は長くて一年か ら一年半、ハードレンズで長くて二年〜三年ですが、ここでいう使い捨てコンタクトレンズとは、一週間から二週間の使い捨てのものを言います。頻回に新しい きれいなレンズが使えるのでとても理想的なレンズですが、目にわざわざ大きなゴミを入れているのだという事実に変わりはありません。特に眠る時は目に負担 がかかっています。現在、使い捨てレンズはすべてソフトレンズです。つけたまま眠って良いものと、就寝前に必ず取るものとがありますが、個人差があり、眠 る時つけたままでも大丈夫な人と、そうでない人とがあります。人はレンズを入れない状態でも眠る時には、目に行きわたる酸素の量が起きている時の三分の一 くらいになり、角膜が三%くらい部厚くなります。レンズを入れると日中でも酸素の量が三分の二位となり、そのまま眠るとレンズなしで眠った時の半分の酸素 量になってしまいます。角膜の代謝が悪くなり、むくむためです。これは目にとって限界の酸素の量です。本来、目の丈夫な人は翌日に戻るのですが、長い間入 れているうちに戻り切らない時もありますし、知らないうちに少しずつの負担が積み重なって、目が弱くなっていくこともあります。自分のペースを知りながら 定期検診もきちんと受けて、無理なく使うことが大切です。自分では大丈夫と思っていても眼科医による検査によって早期に警告反応が見つかることがありま す。レンズを入れたままで眠ることがかなり目に負担をかけていることを知ると共に定期検診を必ず受けるようにして下さい。私も愛用しています。自分のペー スを知って上手に使えばとても便利で快適です。

 

 激安★コンタクトレンズ

使い捨てコンタクトレンズ全品激安価格にて通信販売!1日使い捨てコンタクトレンズ|1週間使い捨てコンタクトレンズ|2週間使い捨てコンタクトレンズ|カラーコンタクト|ケア用品

 使い捨てコンタクトレンズというのは、文字通り使ったレンズを捨てるタイプのことです。日本では主に以下に分類されます。尚、再三になりますが使い捨てコンタクトレンズというのはソフトタイプのレンズを使い捨てることです。

<1DAYタイプ>
 一日で捨てるタイプ。 毎日が新しいレンズ になります。毎回新しいレンズになるので手入れは要りません。システム上、レンズの汚れによる目のトラブルも減少します。欠点は一番コストがかかることだったのですが近頃の価格破壊によってその問題も解消してきました。

<1週間タイプ>
 1週間で交換するタイプ。ただし、 寝る時もつけっぱなし です。外したら(外れたら)新しいレンズに交換しないといけません。目に装着したまま眠るため、目に対する負担が大きく、希望しても使用許可が下りないこともあります。

<2週間タイプ>
 2週間で交換するタイプ。厳密にいうと、使い捨てコンタクトレンズとして認可されておらず、定期交換型のレンズの一種である。ポイントは 毎日外して手入れします 。 そして最長2週間で新しい物に交換します。破損や汚れのリスクが付き物のソフトレンズの欠点が大方クリアされたところが長所です。もう少し詳しく言うと、 ソフトレンズの長期使用によって起こるレンズの汚れからくる目のトラブルをシステム上防げること、破れたり、なくした時のリスクを軽減できることなどで す。

 簡単にまとめましたが、ホンの数年前 までは、使い捨てコンタクトレンズ=コストがかかる、だったんですがこのところの物価の下落がこの業界にもおこり、今ではだいぶ安くなりました。以前は使 い捨てタイプはほとんどのお店が定価販売をしており、1DAYタイプのレンズで年間約10万円のコストがかかりました。それが現在は安い店ならおそらくそ の半額くらいで購入することができます。とにかくこのジャンルは 年々シェアを上げてきています

 激安★コンタクトレンズ

 

激安★コンタクトレンズ

posted by re at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。